2007年9月8日土曜日

「発電貯金」ならほっといてもお金がたまる

近頃「エコ」づいているので岩堀 良弘著の”「発電貯金」ならほっといてもお金がたまる”という本を読んでみた。



非常にためになる本だった。
まず、実に読みやすい。
本書ではソーラー発電のイロハから導入の際のポイントまで非常にうまく整理されている。悪徳業者の見分け方から断り方まで実にかゆい所に手が届いており、 さらには設置例、業界人や設置者へのインタビューなども沢山掲載されている。読後、ソーラー発電の設置について極めて具体的なイメージを持つことができた。
今まで太陽光発電システムといえば「太陽電池の仕組みがわかる!」といった感じの技術的な話に偏っているか、あるいはソーラー発電いかに環境に優しいかを力説した本ばかりだったが、この本は太陽光発電システムに興味がある人、あるいは導入を具体的に検討してみたい人にとって極めて具体的な手引きとなる一冊である。
「環境に貢献したい」、あるいは「ソーラー発電の具体的な導入例や注意点などを知りたい」といった人たちは是非読んでみるべきであろう。単にソーラー発電について学びたい人から実際に導入を検討している人、あるいは設置業者の方々まで、幅広い層に役立つ1冊である。




よかったらポチッとしてください.... 人気blogランキングへ

0 件のコメント: