2008年7月25日金曜日

やっぱノーブラだろ、どう考えても。

先日、「全日本ノーブラ連盟」というブログエントリーに女性の知り合いから次のようなコメントを頂いたのだ。



>ただ‥ブラをしないと‥‥‥
痛いんですよね‥
ノーブラだと歩いてるだけでも振動で痛いのに、走ったら‥胸が反動で乳腺が 切れるんじゃないかと



このコメントが気になって調べた所、おっぱいはクーパー靭帯という靭帯によって支えられており、この靭帯が運動などによって伸びたり切れたりすることがおっぱいが垂れてしまう原因だそうです。

このクーパー靭帯の保護には運動時にスポーツブラをすることが非常に有効なようです。普通のブラではこれを十分にサポートしないらしい。

http://www.lingerie-shop.biz/sports/sports01.html

つまり運動をするときはスポーツブラ、それ以外はノーブラっていうのが乳房にとってよい生活のようです。でもって巨乳の人は普段からブラをした方がやっぱりいいのでしょう。

しっかし勉強になるなあ〜。オレ、このエントリー書くまで「クーパー靭帯」なんて知らなかったよ。

...と思っていたらこの記事にシンクロするニュースを目にしました。


95%以上の女性が自分に合ったブラをつけておらず危険状況にある


この中で興味深いのはここ:

スポーツ科学者のJoanna Scurr博士は、胸の動くスピードが胸の痛みと靭帯へのダメージ軽減の鍵になると信じ、3年間かけて50種類のブラジャーのテストを行いました。その結果、女性の胸は走行中だと約21cm動き、あらゆる方向に揺さぶられてしまうが、ほとんどのブラジャーは垂直方向のみの動きへと制限する、と実験で判明。知識のなさなどから自分に合ったブラジャーを着けておらず、危険な状況にある女性は95%以上いると推測されています。



やっぱり... 95%の女の人が危険な状況にあるんじゃ、ノーブラのほうが合理的だろ。普段はノーブラでスポーツするときはスポーツブラっていうのがやっぱ一番いいんじゃないか?

というわけで、やっぱ日本ノーブラ連盟は必要だと痛感しました。そんなわけで日本全国の会員の皆さん、ノーブラの啓蒙活動に励んでください。

日本ノーブラ連盟
会長 まつひろ

0 件のコメント: