2008年8月5日火曜日

バットマン・ダークナイトを観てきました

今アメリカで絶賛上映中の『バットマン・ダークナイト」を観てきました。こっちでは「The DarK Knight」ってタイトルです。

今まで観たバットマンの中で一番強烈でした。

まずはヒース・レジャーが演じるジョーカー。あまりにも強烈な鬼気迫る演技。夢に出てきそうです。

次には映画全体に横たわる善と悪の関係。また正義というのはあり得るのか?善、悪のどっちに転ぶかは偶然の産物なのではないかというなんとも重いテーマです。

アクションはあくまで強烈、メカ類はあくまでクール、そして重厚。

非常におすすめします。

まだ善悪の価値観が揺らぎがちな年齢の子には見せない方がいいかもしれません。

0 件のコメント: