2010年8月10日火曜日

FireBugを使ってみよう!



応援よろしく!→人気ブログランキングへ

世の中にはhtml や Javascriptを書いている人って死ぬほどいると思うんで、こんなのってブログに書くほどのことでもないですが、知らない人もいるかもしれないので一応書こうかな、と思って記事にしてみました。

JavaScript、HTML、CSSのデバッグにはFireBug がとても便利です。

FireBug はFirefox 上で動くアドオンツールです。使ってみたい人はまずはFirefox をインストールしてください。ここからインストールできます。

でFirefoxがインストールできたらそれを立ち上げましょう。するとツールというメニューがあるのでそこから「アドオン」を選択し、「アドオンを入手」っていうところをクリックしてください。するとそこで検索ができるので、検索テキストボックスに「Firebug」と入力してリターンキーを叩いてみてください。するとFireBugがすぐに見つかりますので、インストールしましょう。インストール後はFireFox の再起動が必要です。

で、インストールが終わったら、デバッグしたいWeb Page に行ってツールメニューからFireBug を選び、サブメニューから「Firebug を開く」を選んでください。またはウインドウの右下に蛍の形をしたアイコンが追加されているのでこれをクリックしてみてください。

するとですね、ブラウザのウインドウの下部にFireBug ツールがこんな感じで表示されます。




まあ使い方はいじくっていればすぐに憶えますがまあまた機会があったら使い方を書いてみようかと思っています。プログラミングの経験者ならまあすぐに判るでしょう。

Firefoxで閲覧いるWEBページのHTMLソース、CSS、及びJavascriptをリアルタイムに分析、編集、デバッグ、モニタすることができます。

取りあえずは「Firebug の使い方」とかなんとか検索すれば色々と出てきます。

ただ情報量は英語のほうが圧倒的に多いので英語が苦でない方は「FireBug Tutorial」などとググってみるとずっとたくさんの情報が得られます。

0 件のコメント: