2010年11月19日金曜日

事実を知る - それが民主主義の根幹を成す。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

例の尖閣ビデオの一件以来、菅内閣はものすごい勢いで支持を失っています。

何故なのかな?とツラツラと考えてみたんですが、結局、菅・仙谷内閣のやったことって、自分たちに都合が悪い報道やネットを規制する中国共産党となんら変わることがないんからなんだと思います。

民主主義というのは主権が国民一人一人にあります。

国民が自分たちを代弁してくれる人達を選ぶのが選挙です。

しかし主権者である国民一人一人が、現在の日本の立ち位置や外交姿勢を知ることが出来ないとなれば民主主義の根幹に関わってしまいます。


事実を知れば、人々は理解し、その人なりに納得でます。なぜなら自分や自分の住む国の立ち位置を見極められるからです。

でも「治安が乱れる」などと言って情報を隠蔽してしまうと、人々は立ち位置を見極めることができず、そして適切な投票ができなくなります。

それに隠そうとすれば隠そうとするほど、逆に人々の好奇心や想像力がかきたてられ憶測やデマが流れます。

一体どっちの方が「治安を乱す」ことになるのでしょうか?

民主党というこの隠蔽体質の政党は、早々にお払い箱にするべきでしょう。

日本が中国共産党になってしまう前に。

0 件のコメント: