2010年12月31日金曜日

恐れなければいけないのは「恐怖」すること

さて、あっという間に2010年最後の日になってしまいました。

アメリカは今12月31日の午前9時です。

今年は網膜剥離になったり、短期間勤めていた会社が買収されたりと変化に富んだ1年でした。他にもこのブログには書けないような様々な不測の事態があり、右往左往と走り回っているうちに1年が終わってしまったような感じです。

しかし不思議なもので長い間大企業に勤めていた時のほうが、「あんなことが起きたらどうしよう?こんなことが起きたらどうしよう?」とまだ起きてもいない不安に怯えていたように思います。自分の地位や立場にしがみつき、社内転職さえ恐れていました。

しかし、いざこうして自分の身に色々と起きてみたら、まあその都度それぞれの事態に対処すればいいだけの話で、本当に怖いのはまだ何も起きていないのにあれこれと想像を巡らして、「恐怖」自体を恐怖してしまう心理状態だと思います。

かのフランクリン・ルーズベルト大統領は

恐れなければいけない唯一のものは、恐れそれ自体である。

と言ったそうですが、至極名言です。


大企業を離れ、自営業になって1年と8ヶ月経ちました。まだ収入は大企業の管理職時代の半分程度ですが、2011年度には、大企業時代とほぼ同レベルに戻す道筋がキチンと見えてきました。3年間は低収入モードを覚悟していたのでホッと一安心です。

不安に苛まれて生きるというのはつまらない生き方です。

不安を感じている暇があったら手を動かし、頭を使い、新しい知識、モノの見方、スキルなどなど、身に付けられるものは何でも身に付けた方がいいと思います。

また不安を乗り切る勇気を与えてくれるのは、配偶者、家族、友人といった多くの人々なんだな、と実感しました。自分の小さな世界に引き蘢らずに、日頃から身の回りの人達との交流を持つことが非常に重要です。

さて今日はまたペンキ塗りでもして家を綺麗にしましょう。新しい気持ちで2011年を迎えいれたいと思います。


応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: