2011年1月23日日曜日

小学2年生がオーラル・セックス

サンフランシスコのそばに、オークランドっていう非常に物騒な街があります。殺人だの強姦だの四六時中で、犯罪発生率全米11位の凄まじい都市です。

そこにあるMarkham小学校という学校で小学2年生が授業中に教室で性的行為を行っていたことが、校長先生が保護者向けに送ったメールで明らかになりました。

騒ぎがあったのは1週間ほど前の1月16日で、同じ教室に居合わせた児童が別の先生に報告したことで明らかになったそうです。

その後校長が他の生徒や教師に事情を確認したところ、授業中に男女の児童2人が

オーラル・セックス

を行っていたことが分かったそうです。

...

行為が行われていた時に授業を行っていた教師は、行為には気が付かなかったと言っているそうです。

教室で児童がオーラル・セックスという行為に及んでしまい、それを先生が気が付かない、止めない、また上長に報告もしないというのは一体どういう事なんでしょうか??


どうしてそんなことあり得るのでしょうか?

また、同じクラスで別の日に複数の児童が服を脱いでふざけていた事もあるそうです。

私が小学校2年生の頃なんてオーラル・セックスどころか、セックスという行為が存在する事さえも知りませんでした。

この記事をネットで読んでいたら、読者の投稿欄に:

「まあこの地域じゃしょうがないよ。殺人、売春、ドラッグが日常茶飯事だし、この辺の子は2年生になる頃にはもうそういう出来事を何度も目にしてるからね。」

というコメントがありました。

なんだかねぇ...

日本という国は常にアメリカの後追いをしていますから、学級崩壊の行き着く崎はこんなのかも知れません。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: