2010年4月23日金曜日

iPod の父、アップルを去る

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

iPod と言えばアップル、アップルと言えばスティーブ・ジョブスですが、

実はiPod ってスティーブの発明でも何でもありません。

iPod を発明したのは2001年にアップルに契約社員としてやってきたトニー・ファデルです。



私、この人と何年か一緒に仕事をしましたが、

これほど才能とバイタリティ、そしてカリスマに溢れる人は滅多にいないでしょう。

契約社員から瞬く間にディレクターに昇進。iPod を爆発的にヒットさせて副社長に昇進し、新しくiPod 事業部を設立し、そのトップの座につきました。そして上級副社長へと昇進し、そして iPhone を開発しました。

まさしく飛ぶ鳥を落とすような勢いでした。

ところがどうにかしてスティーブ・ジョブスの逆鱗に触れてしまい

彼が築き上げたiPod/iPhone の事業部は別の人に渡されてしまい、

「アドバイザー」

という訳の分からない役職にされ

今年3月にひっそりとアップルを退職しました。

トニーを閑職に追い込んだスティーブ・ジョブス本人も訴訟を恐れたのか

トニーを役職から外した後も2年近く給料を払い、さらに莫大な手切れ金を払ったようです。

=========================

先週、そんなトニーと久しぶりに話してみたら

なんと次は環境問題に取り組むそうです。

iPod と iPhone で2度も世界を変えた男ですから

次はどんなふうに世の中を変えてくれるのか

いまから楽しみです。

2 件のコメント:

Kei Noguchi さんのコメント...

有り難い投稿、ありがとうございます。彼を追うことって可能? と思って google したら以下が。とりあえず追ってみまーす。

http://twitter.com/tfadell

まつひろ / Matsuhiro さんのコメント...

Tony は多分Google+でも見つかるんじゃないでしょうか?そうそう。Iphone の発表会の時になんとスティーブ、Tonyのコンタクトをアドレスブックから消してしまいました。ほんとうに衝撃でしたよ。エグイよなあ...

これの52分ぐらいのところで出てきます。

http://video.google.com/videoplay?docid=7618175491985339193