2011年2月25日金曜日

そして電子書籍は普及期へ

1ヶ月ほど前にこんなニュースがありました。

Kindle電子書籍、ペーパーバックの売り上げ超える

以下抜粋です。

電子書籍事業が好調で、同四半期に第3世代Kindleは「数百万台」売れたとしている。またKindle向け電子書籍の売り上げが、初めてペーパーバックの売り上げを超えた。Amazonの米サイトでは年初来、ペーパーバックが100冊売れるごとに、Kindle書籍が115冊売れたという(無料の電子書籍は除く)。この間、Kindle書籍はハードカバー書籍の3倍売れた。


いやあ、遂にというかなんというか。
ペーパーバックというのは日本でいうと要するに文庫本です。
文庫本の売り上げを電子書籍の売り上げが越えてしまった訳です。

そしてAmazon は新しいkindle の端末を発表。ついに139ドルにまで値段が下がってきました。

そしてこの新しいKindle のコマーシャル、素敵です。



日本の電子出版についてはもう何も語りますまい。

既得権益をエコヒイキする日本という社会には暗い未来しか待っていない気がします。

エジプトの革命に倣ってこうした層を本当に破壊しない限り、日本はひたすら衰退し続けるでしょう。

なんだか残念です。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: