2010年12月25日土曜日

TRON

トロンを観てきました。

初めて全面的にコンピュータグラフィックスを導入した映画として話題を集め1982年に第1作が作られました。時代を先取りし過ぎたのか、話題を集めたものの興行的には失敗と言ってもいい作品だったと思います。

興行的には失敗だったとはいえ、コンピュータグラフィックスの映像表現の可能性を初めて示した作品であり、実際本作を見てCG・コンピュータ技術関連の仕事を志した者は多いと言われています。

そんな作品が28年の時を経て続編登場ですから、封切りと同時に観てきました。


感想はですね...


ツマンネかった。

なんか盛り上がりに激しく欠ける映画でした。

出汁が出てないみそ汁を飲んでいるようとでも言えばいいのでしょうか?


しかしね、CG は良かったですよ。さすがトロン。

最後にトレイラーを張っておきましょう。



100点満点で50点くらいかな?私、「おっぱいバレー」のほうがよっぽど良かったと思います。

応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: