2011年2月18日金曜日

9年間で掃除機4台... アメリカの家電がダメ過ぎる件

私たちはアメリカに越してきておよそ9年になります。あと半年足らずで10年です。

この間、なんと4回も掃除機を買いました。

1台目は越してきて早々に買ったヤツ。メーカーも型番もなにも憶えていません。アメリカでよく見るアップライトのタイプで、どっしりと重いです。

で、あんまり重いんでサンヨーの掃除機を購入。これは日本でよく見るような本体とホースが別になっているタイプです。



ところが1年程度で電源スイッチが入らなくなってしまいました。まったく糞のような代物です。アメリカでわざわざ日本の会社の製品を買ったのに、それが1年足らずで故障するというのが何とも怒りをかき立てます。米国で売る製品は米国クオリティでいいとでも考えているんでしょうか?

そういえばサンヨー電機、最近パナソニックに買収されちまいましたが、こんな代物作って売ってるからでしょう。悪いけど自業自得って気がします。


で、その次に買ったのが自動掃除機ルンバ。

これも1年ほど快調に動いた後、なぜかバッテリーが充電しなくなってご臨終しました。

こんな感じです。



まあしかし、コイツには何の期待もしていなかったので、まあ面白かったから良しとするか、って感じです。

そんなわけで渡米当初に買ったヤツがずっと現役の掃除機でした。

ところが1年ほど前にあまりにも吸わなくなってきたので、思い切って買い替えることにしました。

Hooverという、アメリカでは定評のある掃除機メーカーの製品です。デザインは良かったのですが、割と短期間で吸いが悪くなってしまいました。


挙げ句の果てに購入およそ1年後の先週の金曜日、突然電源が入らなくなってしまいました。

私は自営業で毎日どうしても掃除機がいるので、これを修理に出している訳にも行かず、しかたがなく新しい掃除機を買いました。

今度は韓国メーカーのLG です。今回はネットで十分にリサーチし、1番高評価だったこの製品にしました。



まだ1週間しか使っていませんが、非常に静かで吸いも強く今のところは大変に満足です。

しかしですね、何が残念って、日本のメーカーの掃除機がほとんど見当たらないことです。

私がこれを買った大きな電機店でも、何十台も並ぶ掃除機の中で、日本のメーカーのはパナソニックのが1台だけでした。

日本も不況不況と嘆く前に、もっと戦える市場があるんじゃないかと思いますが、なんか戦いにすら挑んでいないような印象を受けました。

なんだかなあ...


応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: