2012年4月23日月曜日

緑色のハムエッグ

Dr. Suess(ドクタースース) といえば "The Cat in the Hat (ザ キャット イン ザ ハット) " という絵本で有名な児童文学者です。この人の本、英語の音やリズムが学びやすいよう非常に工夫されており、そのおかしな内容の反してアメリカでは非常に高く評価されている児童書です。

さてこのドクタースースの本に「Green Eggs and Ham」というお話があります。内容は……知りません。緑色のハムエッグの話らしいのはタイトルから分かります。

で、この緑色のハムエッグを作ってみてる人達がいるらしいとき聞き、「アフォじゃのう〜」と思っていたら、




自分の息子がやっていました。

これがそれ。



う〜ん。

マズそう過ぎる……。

卵の黄身と白身を分け、白身の方に食紅をいれて緑にし、またくっ付けて目玉焼きを作っていました。ハムは食紅を塗って軽く火を通したようです。

おいしそうに召し上がっていました。



緑のハムエッグを食べれば、気分はアメリカの童話の主人公でしょうか?

オレはいいや。






応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: