2010年8月8日日曜日

iPhone の最高責任者、解任



応援よろしく!→人気ブログランキングへ

以前ブログにiPod の生みの親のトニー・ファデル氏がアップルを追われた話を書きましたが、この人が追われた後に後釜に座ったマーク・ペーパーマスター氏もアップルを追われてしまったようです。

マーク・ペーパーマスター氏ってこんな顔した人です。



この人IBM から鳴り物入りの人事で入ってきたんですが、案外短かったので驚きです。iPhone4 のアンテナ問題と白いIphone 4 の出荷の遅れの詰め腹を切らされたってところでしょうか?それから試作機紛失っていうのもあったし、アセンブリ工場で自殺者多発なんていうのもありました。辞任か首切りかは判りませんが、これだけ失敗が続いちゃうといずれにしても続投は厳しいかったと思います。

私はこのマーク・ペーパーマスター氏についてあんまりいい話を聞いたことがなかったので、この退任劇を聞いて「因果応報」という言葉が頭に浮かんでしまいました。トニー・ファデル氏の時にはこんな失敗はありえなかったように思います。

そしてこの人の後任はMac Division のトップのボブ・マンズフィールド氏であるとのことです。

私はボブ・マンズフィールド氏の下で4〜5年ほど働いていましたが、Mac と iPhone のトップを両方兼任するにはちょっとかなり役不足なんじゃないかと思います。ただ非常に地に足の付いた人なので大発明を引き起こすようなことないかわりに、大きな失敗はないんじゃないかと思います。

ボブ・マンズフィールド氏ってこんないかつい感じのオジサンです。



さてこの会社一体どこに行くんでしょう?

まったく目が離せない会社です。

1 件のコメント:

匿名 さんのコメント...

×役不足
○力不足