2009年8月22日土曜日

ナットが折れた

Fluke のウクレレにLow G の弦を張ってチューニングしてたら...



ナットが折れました。



原因はナットの弦が入る溝の幅が狭いのに、

「まあなんとかなるべ」

と思って適当にやったことです。

弦が入る溝の幅をきちんと広げてからやればよかったです。





幸いエキポジ系のパテで修復することに成功しましたが、

そもそも壊さないに超したことありません。

修復したナット:


みなさん。

Low G にするときはくれぐれも気を付けましょう。


応援よろしく!→人気ブログランキングへ

0 件のコメント: