2017年8月7日月曜日

Nestのセキュリティカメラ、どうしてなかなかのスグレモノです

さて先日はアマゾンのアレクサ(Alexa)の音声認識の話を書きましたが、今日はセキュリティカメラのお話です。

関連記事:アマゾンのアレクサ(ALEXA)のカタカナ英語理解度はヤバい
関連記事:グーグルのネスト・ラボ買収が意味すること
関連記事:iPodの誕生10周年に発表された新製品
関連記事:iPod の父、アップルを去る

我が家ではしばらく前からNestのセキュリティカメラを複数台使っています。これがどうしてなかなかのスグレモノなのです。最初は1台だけ取り付けたのですが、あまりにも気に入ったのでさらに買い足してあっちこっちに付け足しました。

現在この会社からは室内用と外用の2種類のカメラが売られており、左が屋外用で右が室内用です。僕が購入したのは屋外用の方です。屋外用の方が防水防塵仕様になっている以外は特に機能的な差はありません。




ではこのカメラの何がそれほどすぐれているのかかいつまんでお話ししましょう。

1. セットアップが超簡単
このカメラ、wifi経由で動くので、電源以外には特に配線がいりません。WIFIに繋いだらそれで終わりです。セットアップ自体は2分ぐらいで終わります。実際の取り付け作業はもちろんもう少しかかりますが、私は割と簡単に電源が確保できたので、1台の取り付けに30分もかかりませんでした。またカメラはマグネット式で付いており、微妙な角度の調節が簡単にできます。つけてからずいぶん経ちますが、風でズレるようなことも一切ありません。





2. 高画質
このカメラ、1080p の映像を撮ってくれるので、映像が非常にクリアです。音声も録音します。これはよそ様の家ですが、うちもおおよそこんな感じです。



ナイトビジョンはこんな感じ。早回ししてみてください。私はこのクオリティにかなり満足しています。


3. アプリに通知が来る

不審な人影などが映り込むと、アプリに自動的に通知が来ます。しかも、人間かどうかはAIが判断してるようで、人影が映り込むとそのように通知されます。虫などが写り込んでも、「人が写った」(Your camera spotted a person )とは言わず、「何かが写り込んだ」みたいな通知を送って来ます。通知をタップすれば、すぐさまその映像を観ることができます。



4. 映像がクラウドに保存される

さらに、映った映像はクラウドに保存されています。過去の映像を簡単にその場で再生したり、手元にダウンロードすることも可能です。有料サービスに申し込むと過去1ヶ月〜1年分くらい保存できるようです。(下のスクリーンショットの右上隅のアイコンが、ダウンロードのアイコンです。)

5. カメラから音声を発することができる

例えばカメラに不審な人影が映っていたとしましょう。そこで「おい、お前は誰だ?」と話しかけたいとします。アプリのマイクアイコンをタップすると、それがスマホから可能なんです。もちろん、ライブ映像を観ながらです。




このカメラね、全く本当によくできています。これを機に、このカメラ以前にインストールしてあったセキュリティシステムはお払い箱にしました。紹介ビデオを貼っておきますが、実際にこんな感じです。



日本のセキュリティカメラ事情がどのようなものかは知らないのでこれが日本製に対して優れているのかどうかはなんとも言えません。どうなんでしょう? このカメラ、その辺のホームセンターに平積みになって売っています。アマゾンで買うと169ドル。その性能を考えると、十二分安いとしか言えません。



「本気で英語を学ぶ人」のためだけのイングリッシュアカデミー、それがブライチャーです。「英語を本気でモノにしたい」そんなあなたの前向きな姿勢に、ブライチャーは本気でお応えします。

0 件のコメント: